猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

深夜の訪問者

少し前のこと。

仕事も少しだけ早く帰れる日々が続いていた。
私は軽く夕食をすませ22時には家に着いた。
鞄をおき、服を着替えると携帯の着信に気づいた。
5分ほど前に母親からだった。
しばらく実家にも帰っておらず、電話もしていなかった。
それにしても、少し遅い時間だなと思いつつ、
折り返してみる。

  *              *

母との電話もほどほどに風呂に入る。

時計は23時を過ぎていた。
ベッドに腰掛け読書を始めた時だった……。

『ピンポーン』。
インターフォンが突然鳴る。
こんな時間に誰?と思いつつ、
幸い、うちのアパートはモニターが付いているから、
のぞいてみる。

・・・・・・誰もいない。しばらくのぞくが何も動く気配はない。

こんな時間に人が来ることなんて、もちろん予想はできないし、
ドアを開けてみる勇気もない……。

そういえば、さっきの母親の電話――。








身内が死んだという連絡だった――。
しばらく会っていなかったが、結構近しい人だったりする。

そんなことって、あるのだろうか……。

b0049421_14114778.jpg
[PR]
by 13staydream | 2009-07-11 14:12 | 戯言