猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

本 その1

前回、読書の話をしたので近頃読んだ本の感想を勝手に。

◆終末のフール
  伊坂幸太郎 著
  好きな作家のひとり。伊坂らしさのある、小さな幸せを感じる作品。
  地球がもうすぐ終わるという中での生活、という設定が興味深い。

◆きつねのはなし
  森見登美彦 著
  近頃、好きな作家。大学生目線の物語設定が多く、かつ昔の文学
  作品を思わせるノスタルジックな文体が好き。今回は少しだけ怖さ
  を演出した作品集。あと1話残っているけど、GOOD。

◆ST 為朝伝説殺人ファイル
  今野敏 著
  昨年ぐらいから一気に好きになった作家。人気シリーズの新シリーズ。
  個性あるキャラクターが登場し、マンガ的なのが読みやすい。

◆向日葵の咲かない夏
  道尾 秀介 著
  人気作のためあえて手に取った作品も、基本的には好みではない
  タイプの物語。ただし、先は読みたくなり止まらなくなった。個人的には
  どこか暗い印象のある物語は好きではないとあらためて感じた。

先週末は鈴鹿8耐を見た。その移動中に「向日葵の・・・」は読み終わった。
それにしても、初めて最後まで見た8耐。予想以上にゴールは感動した。
それでも、お客さんは年々減っているそうだ。

そういえば、シューマッハが復帰するとのこと。
厳しいとは分かっていつつ、どんなパフォーマンスをするのか期待してしまう。
[PR]
by 13staydream | 2009-07-31 22:03 | 読書