猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

海では子供のように ~後編


実際のところ、K子さんはかなり飛ぶことをためらっていた。
とりあえず、タクちゃんたちが来る前に
水に浸かって濡れて一度は飛んだ事にしようとジャブジャブする。
とはいえ、K子さんは泳ぎは得意なのだ。
それでも、タクちゃんに馬鹿にされるのは嫌だと言って、
そしてもう一つの理由から
「やっぱり1回は飛ぶっ!」と言って、結局飛びこむ。
バッシャ~ん。
「怖かった」とは言うものの、「ニッ」と笑った満足の表情。

そのもう一つの理由とは――。




「こんなヘタレのmmさんと、同じ扱いにはされたくない」

もちろん、mmは飛びこむことなどするわけがない。
飛ぶ理由がない。誘われた時からすでに決意していた。
海にダイブできるところがある?まぁ、よかろう。私はダイブする必要はない。
海を見ながら読書にでも励もうではないか。それで充分だ。

そう。初志貫徹だ。
みんなが飛ぶのを横目に本当に読書に励む。


そこは防波堤。天気予報は台風も来るとかで曇りの予定だったのだが、それたのか
何なのか次第に晴れ間がさし、ただ読書をするだけの私は誰よりも日焼けをしていた。
まるで峰不二子に何度もだまされるルパン三世よろしく、真っ赤に焼けただれる……

グアムの海でもノムさん夫妻と一緒で、海辺で読書に勤しみ一人日焼けで苦しんだ。
一切進化していない。これもまた子供である証拠か――。
[PR]
by 13staydream | 2009-08-15 13:06 | 戯言