猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ルパン三世に憧れて その1



喜ぶべきか、悲しむべきか。それが問題だ。

   *           *


すでに3~4年前の話。学生時代の友人と、あるマラソン大会会場で再会した。
友人はマリちゃんとイッチャンいう女性二人。
で、マリちゃんはそのとき結婚が決まっていて旦那さんも同行してくることになった。
あのマリちゃんが結婚とはねぇ、などとしみじみ驚いたものだ。

   *           *

彼女たちとは大学時代の仲間だ。
大勢で集まっては、一気飲みなどしたバカな時代が懐かしい。
なんだか知らないが、一気する時にそれぞれテーマ曲があって、
偉大なるエンドー先輩のテーマ曲「セクシャルバイオレットNo1」が近頃、
ラジオで流れていて、ふと当時のことを思い出して、この話題を今回はとりあげた。

似ているからといって当時広島カープだった江藤の応援歌でさんざん飲まされた男。
やっぱり似ているからといって堤真一が出ていたドラマの主題歌がテーマ曲だった
クールな男。
極めつけは苗字が一緒なだけで、なんとか教の教祖の歌がテーマ曲になった鼻男はただただ悲劇。

そういや、みんな結婚したな。
いま思うと女性陣にはテーマ曲がなかった。

ちなみに、2回ぐらいしか歌われなかった私のテーマ曲は「ルパン三世」だった。

   *           *

で、それが記憶にあったのかどうも、マリちゃんは私のことを「ルパン三世」みたいだと
旦那に語っていたらしい。ルパン三世なんて、男なら憧れのキャラクターだ。
確かに私はもみあげもやや長めだし、輪郭はどうあれ体系は細身。
おまけにサル顔ときた。

そして、再開。
「いやあ、マリちゃん、イッチャン久しぶり」
「あらぁ、mm元気だったぁ~?久しぶりぃ~」
「おお、旦那さん紹介してよ」
「あぁ、そうね。この人がルパンに似ているって言ったmm」

そう紹介されて、初対面であった旦那に言った最初の一言は、






「ルパンっていうよりも、銭形のとっつぁんって感じじゃない?」

むぅ――。初対面にしてこのセリフ。しかも、この旦那俺より年下。容赦なし。

                                       (続く)
[PR]
by 13staydream | 2009-09-14 23:53 | 戯言