猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ルパン三世に憧れて その3


数日後、アゴ男は約束通り純正ヘルメットホルダーを用意してあらわれた。
で、私の愛車の前で、すぐに作業に入った。
ホルダーを取り付けながら、アゴが私に鍵を渡した。
「これが鍵です。似ているから間違えないでください」
「確かに似ているな。ちゃっかり差したら、エンジンがかかったりして」
私は試しにキーをガソリンタンクに差す。
ほぼ奥まで差し込まれる。しかし、いまいち固くまわりはしない。
「いや、かなり惜しいけどさすがに駄目だね。ちなみに、こっちは…」
メインの鍵穴に差し込む。こちらは先ほどよりうまく入る。
左に回す振りをしようかと思うと、
「あれっ?」
鍵はきれいに回った。
まさか、エンジンはかからないよね。もともとかかりにくいこのバイク。
思いっきりキックをすると、
『ブルルルル…… プスン』
かかりはしなものの、わずかに唸る。ウソだろ。
調子が悪い時は15回キックでようやくかかるこのバイクにして、いきなり唸る。
「おいおい、これって、もしかして、もしかするのでは?」
と言いつつ、7回ほどキックしても唸りはするもののかかるまでには至らない。
「ちょっと、やらせてください」
すでにホルダーをつけおえたアゴ男が私に代ってキック。





『ブルルル……ブルン!ブルン!ドドドドドドド』
「あ~っ!」
かかってしまった。
「mmさん、キックするときはですね、コツがいるんです」

もしかして、世の中のバイクはこうして市販のヘルメットホルダーを買うと
もれなくスペアキーがついてくるのか。考えようによっては、労せずして
スペアキーを入手でき、エンジン掛けるのも、ヘルメットホルダーも同じ鍵で効率も
よくなったわけだが、この仕掛けを知っている奴がほかにもいたら、
この愛車はあっさり盗まれる!?

まず、何かを盗む時はバイクから始めることがおススメだ。
結構、簡単に行けてしまいそうだ。



って、本当にマネはしないでね。
とりあえず、私の愛車は止まっているときはチェーンもかかっているので。

                                           (終わり)
[PR]
by 13staydream | 2009-09-26 21:53 | 戯言