猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

鹿島 2-0 浦和

開始わずか5分の出来事だった。小笠原が切り返して
あげたセンタリングに相手DFを振り切ったFW興梠の
脚が目いっぱい伸びた。逆サイドの2階席からは一瞬、
ゴールが入ったのかわからなかったが、スタジアムは
すかさず歓喜の雄叫びがあがる。その後は浦和に支配
される時間も多かったが、決してゴールを割られること
はなく時間はすぎさる。後半、途中交代のMF遠藤が
折り返したボールにFWマルキーニョスが頭で合わせて
2点目。鹿島“らしい”試合運びだったと言ってよい
だろう。わがままを言わせてもらえるなら、終了間際、
途中出場のFW大迫のヘディングシュートがゴールを
ゆらせば文句なしの展開だった。それでも、FW2人が
決めての開幕戦勝利。これで、序盤は勢いづくだろう。
問題はACLなど過密日程で疲れが見えるころをどう
乗り切れるかにかかっている。

それにしても、昨日の暖かさがウソのような雨と風で
体がこごえた。晴れて花粉が飛び散るのも嫌だが…
[PR]
by 13staydream | 2010-03-06 23:11 | 鹿島アントラーズ