猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

本 その10

◆ロスト・シンボル(上)(下)
 ダン・ブラウン著
 おなじみ「ダ・ヴィンチコード」や「天使と悪魔」のシリーズ作。
 おもわずハードカバーを手にした。前半はやや退屈も、後半は
 やはり一気に読みつくす。相変わらず知的探究心(多少は私にもあるらしい)を
 くすぐられる物語になっている。結果、その後何かをするわけではないけど。

◆最後の将軍―徳川慶喜―
 司馬遼太郎著
 学生時代の先輩が飲みの席で勧めてくれた一冊。なじみのある土地が
 出てきたり、面白かった。目下、大河ドラマ「竜馬伝」が人気だが、
 この時代はあらゆる視点から見ることが面白い。やめることの勇気
 って結構大変だ。
[PR]
by 13staydream | 2010-04-11 12:17 | 読書