猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

戯言

「最近、走ってる?」
と男は不敵な笑みを浮かべて、mmに話しかける。
「いやぁ、実はですね……」
50㎞目標で云々…というくだりを得意げに語ろうとしたのだろうが、
mmが違和感を覚えたのか、「ムムッ?」と言いたげな表情に変わる。
そして、mmは言う。
「何で、俺が走っているの知っているんですか?」

そして、男は「ムフフ」と言いたげな、にやついた表情で、mmに微笑む。

   *          *

当ブログは誰も知らないと思うが、訪問者は平均で4~5人の
mmの勝手気ままなことを書いているだけのブログである。
だらけて更新しないで、このままやめようと思うと、
「最近、更新していないね。どうしたの?」という
同期のコロッケ男や、学生時代のバイト仲間のTの声で
なんとなく気にしてくれる人がいるのかと思ったりして、細々と継続している。
非公開にはしていないが、読者はいたって限られていることはmm自信
知っているし、それで満足している。

   *          *

「いやぁ、知り合いが検索したら出てきたんだって言うんだよね」
その人は、私のこのサイトを検索で見つけたのだという。
その人自身は世界にも羽ばたき、国内でもいろいろな分野にわたって
活躍するすごい人なのだ。





その人の活躍はその世界にいる人なら十分知っていることだが、
その人の似顔絵を描いて、実名を出したからといってこんな超少数アクセスサイトが
検索で引っかかるのだろうか。

私は唖然とした。


そして、その人が私の似顔絵と私の実名を、その人自身のブログに公開する。
すると、別のある人が、その人のブログを見ていて、
公開されたその日に「僕にも似顔絵を描いてよ」というメールが届いた。
そのある人は、私が会社に入る前からの知り合いで、オーストラリアという地で
出会った。その人とは異なるものの、やっぱり世界で活躍するプロなのだ。

どうもその道のプロフェッショナルな人に弱い私は、
断ることもできず、ある人にも恐縮ながら似顔絵を描くことになった。

すると、その人は自信のブログにその似顔絵を掲載されることになるのである。


   *           *

そして、私は今日、また別の人。あるスポーツの世界で活躍するTSさんと会う。
実は同級生のTSさん。思い出せば、その人がテレビで走っているシーンを見ると、
いつも応援していた。感動も与えてもらった。
そのTSさんに対しての私の挨拶。
「はじめまして」
ありきたりのサラリーマンmmは名刺を手渡す。
そして、言う。
「実は、ある人のブログの似顔絵も担当させていただいております」
TSさんは驚いた顔で
「えっ?あぁ」表情は笑顔にかわり、「存じ上げております」

*           *

人と人って不思議なつながりを感じる。
ある人は、そのTSさんと親交がある。
その人とある人は親交がないのだそうだ。
私とその人は2年ぐらい前に知り合った。
ある人とTSさんも、もちろん親交はないだろう。
TSさんは会ったことのない私の存在だけは知っていた。

人はどこかで人とつながっている。


近頃、悲しい出来事があって、大好きだったモータースポーツが
嫌いになりかけていた。でも、TSさんに会えて、昔の自分に少しだけ戻った。
ヒーローなのだ。勝手に力をもらった。

だから、逃げる私を彼は喜びはしないだろう。

この前、Kさんっていういつも笑顔の同僚が言っていた。
無理にでもほほ骨をあげておくと気持ちがリラックスできるんだって。
笑顔をつくると、笑っている気持ちになるのだと脳が感じ取るんだそうだ。

彼はいつも笑顔だった。

そう、俺も負けずに笑おう。
[PR]
by 13staydream | 2010-09-13 23:30 | 戯言