猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

鹿島 千葉に勝利

~風邪の原因その1~
週末寝込んだ理由の1つが国立競技場。前日に思い立って会場に行くことにする。
引き分ければよしと自分の中では位置付ける。やはりスポーツはライブである。
そんなわけで、久しぶりの自主的な遊び外出。国立は久しぶり。
カシマスタジアムとは違うよさがある。観客席、遠いけど。
アウェイゲームってのも久しぶり。結果は勝利するわけで、
よかったのだが、結構寒かったのだ。
ただ、ここだけなら風邪は引かなかったと思う。

試合以外で驚いたのが、私が座った自由席の7列ぐらい後ろだったか。俳優の
大杉漣さんがゲームを観戦していたこと。渋かった。
鹿島のファンなのか、単なるサッカーファンだったのか。誰も気づいている様子は
なかったが、1人でじっくり観戦していた。



b0049421_2350681.jpg






<以下、試合評>
鹿島 4-2 千葉 
鹿島が勢いで優った試合であった。前半は一進一退で、小笠原の先制ゴールは
見事だった。ただ、すぐに同点に追いつく千葉も悪くない。試合の流れは後半開始
直後、一枚のレッドカードから。1人多くなった鹿島はその後、主導権を握る。
主役は小笠原。小笠原の活躍は新聞紙上でも多く取り上げられていた。
ここで、あえて注目すべきは初先発のアリ。中田浩二の代役という形で急きょ、
入団してきた未知の選手。ここまで途中出場はあったものの、いまいち評価が
分からない。もちろん1試合見ただけなので、結論を急ぐつもりはない。
だが、面白い選手だった。右サイドからの突破、相手を翻弄させるドリブル、
なんとも魅せるサッカーをしてくれていた。今後、鹿島の
優勝の鍵をにぎる選手のひとりとなるだろう。私が監督なら、次節も先発だ。


で、次節はライバル磐田。正直、千葉よりは怖くない。過去の相性からみても、
今の勢い、ホームであること、絶対に負けられない。
油断はないと思うが、序盤からの独走も期待できる1戦になるか。




Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by 13staydream | 2005-04-19 23:52 | 鹿島アントラーズ