猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

高校サッカー決勝戦を観る。

高校サッカーの国立観戦を知合いが毎年の恒例にしており、
毎年誘われるのだが、記憶をさかのぼると大久保の国見以来行っていない。
で、今年久しぶりに国立に行った。準決勝までは新聞情報のみ。
果たしてどんな試合?野洲ってどこなの?が試合前の見解。

驚いたのは観客の多さ。友人はSブロック指定を事前にゲットしており、
私は1時間前に国立について当日券を買おうとすると指定席は売切れ!
んで、友人は2人組だったため、私はひとり自由席で観戦。
何となく鹿児島実業応援団が近いエリア。

試合が始まる。ともに攻撃的なチームとは聞いていたが、
決勝戦とは思えない試合内容にひとり興奮を覚える。
フィジカルはあきらかに鹿実に分がある。もちろん名門なだけに経験も上。
しかし、滋賀県代表・野洲のサッカーは面白い。時には
過剰なほどの個人技が見るものを魅了する。

試合は前半から動く。この大会ここまで無失点だった鹿実のゴールネットを
セットプレーから野洲が揺らす。後半終了も近くなった頃に同点とし、
その後は鹿実のペースになった。延長戦は特にその様相だったのだが、
隙は一瞬、サイドチェンジからパスがつながり、モノの見事な決勝点が
生まれる。まったく思い入れのないチームだったが本当によい試合を見せてもらった。
野洲のエース9番青木は千葉への入団が決まっているそうだが、
個人的には7番の今後の活躍に期待したい。鹿実応援団のいる中、
ひとり野洲のプレーに魅入った高校サッカー久しぶりの観戦であった。





Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by 13staydream | 2006-01-10 23:41 | 戯言