猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

事件~紅の失踪  2

*できる限り1つ下のネタから読んでください。続編です。






--1週間後(つまり今日)の午前10時をまわったころ。
I町の交番勤務のN巡査がいつもの通り、巡回をしていた。
ここ最近特に大きな事故や事件もなく、彼は退屈をしていた。
とはいっても事故や事件が起きるのは面倒だから、やはり
このままがいいと思う。巡回でH町の墓地の前を通ったとき、
彼は違和感を感じる。視線の中にいつもと違う風景を感じたのだ。
パトカーをすぐに停車させ、その違和感の先に向かう。

そこには紅い服を着た女性が見るも無惨な姿で横たわっていた。
N巡査は彼女がまだ生きているのかも分からない。
暴行された跡は遠目からも明らかだった。
N巡査はすぐに上司のA巡査部長に無線を入れた。


--結局、私が東京から戻ってきたのは夜になっていた。
昼に会社から電話を受けて、すぐに警察に電話をする。
話したのがN巡査であった。彼女が誘拐されていたことに
私は気づいていなかった。だから、最初に聞いたときは何かの
間違いだと思った。だが紅い服の特徴を含め、あらゆる特徴が
彼女と一致する。だが、彼女を見るまでは私は信じない。
何かの間違いである。それはむしろ希望であった・・・。

                         (続)
[PR]
by 13staydream | 2006-02-14 23:26 | 戯言