猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

勝利の予感② 鹿島 2-0 C大阪


英国競馬、キングジョージで昨年の有馬記念の覇者ハーツクライは3着に終わった。
さて、ディープインパクトはどうなるか。

そして鹿島は最下位セレッソを相手に2-0で勝利。
内容だけを見れば完勝とも言えるが、先制点は後半43分。
前節同様、またもフェルナンドのゴール。同点を狙ったセレッソの裏を着いた
アレックス・ミネイロがロスタイムに駄目押しのゴール。ともに後半から
出場の本山のアシストが光った。

前半から内容はよかったのだ。いや、W杯後の試合は結構よい。
しかし、点が入らない。とにかく打てども打てども、ボールはバーやポストを
たたきネットをゆらさない。もはやゴールは時間の問題と思いつつも
時間は過ぎていく。

勝利の予感はすれど、引き分けを覚悟したときのゴールでの勝利であった。
清水同様、相性の悪さがあっただけに、まずはほっと一息。


b0049421_1162678.jpg







写真は間違って横向きで撮ってしまった。観客は14,000人ちょっとと
W杯明けであり、チームも好調であることを考えると少し残念な数字である。

Excite エキサイト : スポーツニュース
 
                                              (つづく)
[PR]
by 13staydream | 2006-07-30 01:16 | 鹿島アントラーズ