猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

クリスマス・イヴの過ごし方


ぶらり渋谷へ。

話題のエッシャー展を観る。
1年前だったら、おそらく気にもしなかったろう。

今年、私が出合った本がある。

ラッシュライフ

伊坂幸太郎著。
このラッシュライフは仙台を舞台に、何人かの物語が少し交錯する。
そこで象徴的に扱われているのがエッシャーの「上昇と下降」だったのだ。
昇っている人はいつまでも階段を昇り続ける。
降りている人はいつまでも会談を降り続ける。
同じ場所に戻ってきているのに、彼らはそれに気づいているのだろうか。

これを小説で象徴的に扱っていたのだ。
この小説以降、伊坂著の文庫本はことごとく読破した。
人間をうまく描いていると思う。


b0049421_12182281.jpg











それにしても、こんなに美術展を観る人がいるのかと思うほどの混雑。
しかも、若いカップルがやたらに多い。告知のせいだろう。
そんな中ひとりで来ている奴等に共感。

何しろ、会場に入るのに40分待ち。

帰ろうと思ったよ。






ここで帰るとわざわざ渋谷まで“馬券”を買いに来ただけになってしまう。



いずれにしても、展示はよかった。
やっぱり平日に行くべきだとは思ったがね。


来年の目標の1つに「絵を描く」っての入れようかと思う。




そして、有馬記念で私が勝ったか否かは次回。
[PR]
by 13staydream | 2006-12-25 12:23 | 戯言