猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

同窓会と今年のテーマ

今年の正月スポーツはいまいちだった。元旦の天皇杯には鹿島は出場できず、
大学ラグビーで母校はしばらく国立に立ってもいない。箱根駅伝はシード権
争いすらできぬまま下位に沈む。40年連続40回目の出場は頑張っているが、
果たして来年は参加すらしていないのではないかと心配である。一方、私は
3大会ぶり3回目ぐらいの出場を決めた・・・・・・同窓会。

***********************************


2年に1回なので実に6年ぶりである。いつのまにやら、みんな30歳である。

同窓会といえば、久しぶりに友人と再会する楽しみも去ることながら、
やはりあの頃好きだったあの人がどうしているかが気になる。


--2年前。仕事が終わったころ、同窓会をやっている会場から友人が電話
をしてくる。みんな元気そうで、「何で来ないんだ」などと多少寂しがって
くれたりする。電話をくれた友人が言うには私が当時思いを寄せていたあの
人も私に会いたがっていたらしい。社交辞令であろうが、さて今回彼女は
来るのだろうか。もし来ることがあれば、何かあるかもしれない・・・・・・


そんな期待を胸に、会場に足を運ぶ。みんな当時と変わっていない。
いや、実際は変わっているのだろう。何しろ、先生は今では教頭として
私たちが通った小学校と幼稚園を見ているのだそうだ。でもって、そこに
通う児童たちの親が、この同窓会に来ているメンバーだったりするのだ。
PTAがどうとか、何やら話題が普段私が飲んでいるときとはどこか違う。

女性陣の参加は極めて少ない。みんな預けてきた子供が心配だとか、
そんな話ばかりだ。欠席した女性たちも概ねそんな理由が多いようだ。



ところで、私が思いを寄せていた人は--

やっぱり子供が熱を出したとかで・・・・・・

そもそも何の期待もしちゃいないのである。
何しろ“待ち人は来ない”のである。



さて、今年のテーマは“遊ぶ”で行こうと思う。
さっそくこの先1カ月で2つのプロジェクトが動き出そうとしている。
1つは果たして本当か分からぬが、詳しくはまた話そう。

30歳を超えて加速度的に年をとっていく--。

だったら、ますます走ろうじゃないか。
[PR]
by 13staydream | 2007-01-10 00:15 | 戯言