猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

女たちよ眠れ-忘れ物は?- mmの物語 前編

――数週間前。

mmは軽く晩飯を終えて、いつものトーテムポールを後にしていた。
家に戻り、シャワーを浴びて、ベッドに入って本を読みはじめる。
めずらしく携帯メールに着信。すると、トーテムポールから

[戻ってこない?面白いことになっている]

と。一体どんな面白いことが?少し面倒だったが、
翌日もそれほど早くなかったので出向くことに。

そういうのが得てして、よい結果を生むことはない。
おそらくこの日のてんびん座の運勢も悪かったに違いない。

自転車を店の前につける。
「うわぁ、本当に来た!」
「なんだとぉ?」
カウンターには先ほどまではバーにいたバイトのR嬢が座っている。
ついでに彼女の目も座っていた。できあがっている。
「mmさ~ん!今夜、民宿mmに泊めてくださ~い」
「はぁ?」

最悪である。ついさっきまで店にいたとはいえ、ほとんどmmは酒が
抜けている。そして、面白いこととは、バイトを終えたR嬢がただ
酔っ払っているだけのことだったのだ。

「えぇ、じゃあ私は代行で帰ればいいんですかぁ?」
「帰ればいいだろ」

嫌がるmmをよそに何やかやで、結局R嬢はmm邸に泊まることに。
それにしても、mmだって一応“男”であるはずだが、何でこうも
気軽に……。いつか間違いがあっても知らんぞ。





そして、mmはこのとき決意した――。


【民宿mm】素泊まり1,500円。朝食なし。風呂・トイレ共同。布団の
出し入れ等はすべてセルフサービス。日によってアイスクリーム等の
サービスあり。歯ブラシはご持参ください。ご希望によりジャージ等
の貸し出しもございます(ただし、サイズに限りあり)。
※なお、部屋が汚く、客室にタイヤがあるためタイヤアレルギー等を
お持ちの方はご遠慮いただいた方がよいかと思います。

――という看板を掲げることに、絶対にする。

そうだ、楽天トラベルやら、何やらでも予約できるようにしてもらおう。

                                        (続)
[PR]
by 13staydream | 2007-06-22 20:25 | 物語