猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

オズの魔法が奇跡を起こした!

鹿島   3-0 清水

横浜FC 1-0 浦和


ついに10冠達成。浦和が引き分け以下でなければ
ならない条件の中、他会場の経過は一切知らされる
ことなく清水戦は進んだ。
小笠原のPKによる先制点。シーズン途中から鹿島に
復帰した男はチームに闘争心と安定感をもたらした。
そして、本山の追加点。背番号「10」は得意のドリブル
だけでなく、今シーズンはチームのために守備での
貢献も光った。
鹿島の黄金世代を代表する2人のゴールがもたらした
10冠。いくつものタイトルを目の前にしてきた中、
5年間も遠ざかったタイトルを今度は自分たちが軸となり
勝ち取った。

すでにベテランと呼ぶべき彼らに、岩政、内田、田代ら
レギュラーに定着した若手らが融合。彼らにとっても
このタイトルが今後の自信につながることだろう。

そして、ベテラン、若手をうまく使いこなしたオリヴェイラ・
オズワルド監督。就任1年目で見事タイトルを手中にした。
ゲームが終了すると一番に両手をひろげてピッチを
かけぬける姿が印象的だった。その起用法などは
いつしかオズの魔法とよばれ、選手たちの信頼も厚く
なっていった。選手個々の力はまだ浦和やG大阪には
劣るのかもしれない。しかし、勝利するのは個人の力ではない
ということを思い知らされた。

2005年は首位独走から最後の大失速。今回はまさに
その逆をやってのけた。

私は、そのときカシマスタジアムで感動にひたった――。



いやぁ、よかった。
[PR]
by 13staydream | 2007-12-02 14:36 | 鹿島アントラーズ