猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

mmの悩める日々~諦めるのは明日


近頃、眠れない日々が続く。どうやら「むずむず足症候群」
なるものらしいが、それと別に1つの悩みで眠れぬ日々。


  *        *



その男には、なぜか人を引きつける魅力がある。

そいつに出会って、すでに12年がたつのだという。
私は友達は結構少ないが、いまだに会う仲間は
心からくつろげる。べつに言葉に気を使うこともなく、
ただただ楽しい時をすごせる。

今回、そいつに会ったのはそれでも1年ぶりぐらいだったのか。
私が仕事の都合で彼の職場近くに行ったため、忙しそうなところ、
無理に呼び出した。

「いやぁ、タケさん、久しぶり。偉くなったんだろ。
 忙しいのに、無理に呼び出してすまんな」
「いやいや、mmも元気そうで」
昔に比べると、やせたタケは普段着で現れる。
年はタケが1つ下だが、話はヤツの方がおっさん臭い。
「店はまかせるよ」
駅前もそれほど栄えているわけではないが、それでも
いくつか立ち並ぶ店の中を見渡し、
「mmのために、少しよい店に行こうと思う」
「おぉ、まったく持ってよいよ」
連れて行かれた駅前の居酒屋は私好みの和食系のあるところだった。

  *

昔から、この男の博学ぶりには驚く。
基本的に私がそのときハマッたりしたことについて話をすると
それ以上の話が返って来る。
「いやぁ、最近歴史小説が面白くてね。三国志やら、坂本竜馬やら
 いままで読まなかったけど、はまるね」
mmは少しだけ歴史を学んだ自分に得意気になって話した。
「そうね。俺は徳川家康の30巻を読破したよ(正確に何巻か忘れた)。
 でも竜馬はね・・・」
なんて竜馬も三国志も私以上の知識を持って、とにかく上をいく。
こいつの前で得意気になるのは危険なのだ。
mmが寄席を観にいったときの話をしても
(私の周りの人に話しても誰も行ったことがない。興味あるというのが
 通例の回答の話題なのである)、
「俺も毎年、観にいく恒例の寄席があるんだよね。○○の話が大好きで」
「そんなことまで知ってんのかい。でも、俺が観にいったときの
 ローカル岡って人の漫談はめちゃくちゃ面白かった」
「あぁ、ローカル岡師匠ね」
「・・・師匠?なんだそりゃ。やっぱり知ってんのかい」
常にこの男、私の上をいく。それがタケといて面白いところかも。
まぁ、結局は人間ができているんだが・・・・・・。

  





で、居酒屋ではほどほどの近況を語り合った後、
話題はほぼ「キン肉マン」。おそらく3時間ぐらい飲んでいたが、
少なくとも1時間超はキン肉マン。なにせ今年は29(ニク)周年。

ちなみに私はYahoo!の特設サイトにあったキン肉マン検定なるもの
に挑戦して初級篇では10問中10問正解して壁紙をダウンロードしたよ。
中級篇では4問しか正解できず、所詮そんなもんであると自負する。

当時、バイトしていたころもミキサー大帝がどうのと話しながら、牛丼を
つくっていた・・・。所詮、アタマが悪い。

すでに5年前ぐらいのことに思うが、キン肉マンに出てきた超人の名前で
賭けが始まり、私はあっさり負けて、ニンテンドーDSをタケに奪われる。
(仮に勝っても私には何もない無謀な賭けだった・・・)

いよいよ明日でキン肉マンDVDボックス(10万円)の申込終了となる。
やっぱり手が出ないよな。自分に言い聞かせる。

これを乗り越えれば、毎晩の悩みから開放される。
買ってしまえば、超人の名前なんて間違えないに決まっているのだが・・・・・・。


                                          (終)
[PR]
by 13staydream | 2008-07-12 19:26 | 戯言