猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:鹿島アントラーズ( 77 )

運命の出会い

ようやく復旧したカシマスタジアム。
震災後、初のホームゲーム。
ここまでの沈滞ムードを払しょくするには絶好の機会だった。
ここで勝てれば、一気に上昇気流…

……だったのだが、


鹿島 0-1 甲府

立ち上がりなど悪くはなかったのだが、決め手をかくというか、
全体がいまいちかみ合わないような、そんな感じだ。
結果が出れば、乗れるレベルと信じたいが。

b0049421_2314041.jpg


それにしても、今回の試合で、私は初めてスタジアムにある
ミュージアムに入った。いつも試合開始ギリギリに行って、試合をみて帰るだけ
だったが、たまには早くから行って、ゆっくりしてみるかと。

なぜそんな気分になったのかは自分でもわからない。
ただ、何か私を引き寄せるものがあったのだと、今になって思う。
(以前にも似たような話をしたような…)

スタジアムに入り、ミュージアム入場券を購入するところで、
「フリークス(鹿島アントラーズの会報誌)」の公開取材を実施する
案内を受け、それを聞くには整理券が必要とのこと。
友人ゴマさんから、登場するのは當間選手との情報を入手し、
「まぁ、せっかくだから聞いてみようか」と。水曜開催で人も少ないし、
後ろの方だったが整理券を手に入れることもできた。

ミュージアムに入って、展示物をみたり映像をみたりしていると
「整理券をお持ちの方は、まもなく始まりますので席についてください」
の案内。じっくり展示をみれずにトークショーはまもなく始まる。

席につくと、一緒にいた相方が「いすが4つある」と気づく。
聞いていたのは當間選手だけ。ただスタッフの話からもう一人は八木選手と
わかった。そして、進行のMCが間もなく登場。

席はもう一つ余っている。

当然ながら、登場する當間選手も八木選手も今日の試合ではベンチに入れていない。
他のベンチ入りしていない選手が来るのかな?

「それでは、選手登場です。當間選手、八木選手どうぞ!」
拍手で2人の選手は迎えられる。
むむ、これはOBとかがくるのかな。それとも、テレビでなじみのアナウンサー?
すでに私の読みがはじまる。

「皆さん、いすが一つ残っているの、お気づきですね。今日は
 ここでもう一人スペシャルMCを紹介します。その辺歩いていたので、
 無理やり連れてきました」
などとうそぶく。いわゆるファンを喜ばせるための常套手段だ。
とはいえ、どんなサプライズな人か。

その人が入場してくると、会場は「ワー」「キャー」そして拍手喝采。
そういう私も「オー」と声をあげていた。

全員が驚いたその人とは

More
[PR]
by 13staydream | 2011-06-16 23:32 | 鹿島アントラーズ

2011 J開幕

今シーズンはあまりスタジアムへは行けなそう。

鹿島 3-3 大宮


底力をみせたといえば、よいのだろうけが、
相手の方がよい試合をしていたようにも思う。
FW陣の奮起に期待。

b0049421_23131252.jpg

[PR]
by 13staydream | 2011-03-07 23:13 | 鹿島アントラーズ
最高のスタートを切ることができました。

b0049421_1181330.jpg




今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by 13staydream | 2011-01-02 01:18 | 鹿島アントラーズ

2010年 ホーム最終戦

鹿島 2-1 京都


優勝はなくなったものの、アジアの目標もあり、
勝たなくてはいけない試合。
失点は余計だったが、勝てたことは大きい。
最終節も勝って、アジアを決めよう。

そして元旦は国立で天皇杯を掲げよう。



b0049421_05104.jpg



柳沢の来年以降の活躍もひそかに願うのだ。
[PR]
by 13staydream | 2010-11-29 00:06 | 鹿島アントラーズ

鹿島 1-0 名古屋

前節の敗戦でタイトルは大きく遠のいたものの、
アジアを考えれば、やはり負けられない一戦。
ジウトンの見事なカットから、マルキーニョスの強烈なミドル。
前節のロスタイム失点など終盤の失点が多い今シーズンだったが、
終盤に青木、大岩を投入し、とにかく逃げ切るという気持ちが
ベンチからも感じられた。無失点で試合終了。

それでも、タイトルの可能性は極めて低いものの、よい勝利でした。


b0049421_0453777.jpg

[PR]
by 13staydream | 2010-11-08 00:49 | 鹿島アントラーズ

鹿島 2-0 浦和

開始わずか5分の出来事だった。小笠原が切り返して
あげたセンタリングに相手DFを振り切ったFW興梠の
脚が目いっぱい伸びた。逆サイドの2階席からは一瞬、
ゴールが入ったのかわからなかったが、スタジアムは
すかさず歓喜の雄叫びがあがる。その後は浦和に支配
される時間も多かったが、決してゴールを割られること
はなく時間はすぎさる。後半、途中交代のMF遠藤が
折り返したボールにFWマルキーニョスが頭で合わせて
2点目。鹿島“らしい”試合運びだったと言ってよい
だろう。わがままを言わせてもらえるなら、終了間際、
途中出場のFW大迫のヘディングシュートがゴールを
ゆらせば文句なしの展開だった。それでも、FW2人が
決めての開幕戦勝利。これで、序盤は勢いづくだろう。
問題はACLなど過密日程で疲れが見えるころをどう
乗り切れるかにかかっている。

それにしても、昨日の暖かさがウソのような雨と風で
体がこごえた。晴れて花粉が飛び散るのも嫌だが…
[PR]
by 13staydream | 2010-03-06 23:11 | 鹿島アントラーズ

J開幕

考えてみると優勝決定戦は何度か目にしているが、
開幕戦、スタジアムに行くのは初めてだ。

さぁ、浦和戦。ほぼ満席であろうスタジアムに今から興奮。

昨夜のすぽるとアンケートでは鹿島4冠達成は58%と出ていた。
思いとしては4冠!と言いたいが、実際のところは簡単ではない。

安定感は一見あるものの、W杯イヤーにACLもあり
ハードなスケジュールをどう乗り切れるか。昨シーズンですら
序盤はよかったものの途中、まったく勝てない時期があったほど。

というわけで田代、増田、ダニーロらが抜けて
新戦力や若手が伸びることが4冠達成には必要だ。

個人的にはフェリペガブリエル、大迫、遠藤が今シーズンのカギを
握ると思う。後はけが人がでないこと。


さぁ、どうなる?
[PR]
by 13staydream | 2010-03-06 11:04 | 鹿島アントラーズ

鹿島 1-2 G大阪

カシマスタジアムに行って、
負けたのいつ以来だろう。

やっぱり少し気持ちが途切れたかな。
[PR]
by 13staydream | 2009-12-13 01:10 | 鹿島アントラーズ

史上初 3連覇

やりました。史上初の偉業をまたも達成。

浦和 0-1 鹿島

それにしても、浦和の気迫はすごかった。
もしかすると、勝てないかもと思った先制点まで。
そして、追いつかれると息をのみ続けた先制点後。

本当だったら、こんなに苦しくなるはずじゃなかったのに、
勝負の神様はいつもいたずらが好きだ。

まずは、この喜びをかみしめよう。


来年は4連覇はもちろん、やっぱりアジア制覇を!

その前に、天皇杯をとって14冠か。
[PR]
by 13staydream | 2009-12-05 18:08 | 鹿島アントラーズ

鹿島 0-1 新潟

あれだけの独走状態だったのに、ついに首位陥落。

勝負って本当にわからないものである。

こうなったら、最初からやり直し。気を取り直して、挑戦者だ。

まだ試合はあるのだ・・・。

個人的見解だが、清水は少し早く首位になりすぎた。

G大阪の方が不気味・・・。

鹿島はとにかくまず1勝。これが必要。
[PR]
by 13staydream | 2009-10-05 00:19 | 鹿島アントラーズ