猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:鹿島アントラーズ( 77 )

初勝利

ようやく横浜FC相手に今シーズン初勝利。柳沢の“らしい”ゴール。
このまま勢いづくとよいが・・・。

ちなみに皐月賞・・・フサイチホウオーすごい脚だったけど届かず。
勝負の世界はわからないものです。
[PR]
by 13staydream | 2007-04-15 17:06 | 鹿島アントラーズ

雨に唄えば

先週の日曜日。

朝――。雨が降っている。
今年の目標は“遊ぶ”とはいえ、もはやそれだけでだるい。
仕事も少し忙しくなってきて、ゆっくり休みたい。このままもう一度寝たい。
だらだらとテレビを見て、一日を終える。それが、毎度引きこもりの休日。

だが、今年は違う。mmは起きる。

雨の中、車を東に向かって走らせる。

ワイパーが幾度となく雨をはじく。

行き着いた先はどでかいコンクリートの要塞。

車を降りて、傘を差して歩き出す。

要塞の中に私は溶け込んでいく――。

目の前は赤。赤。赤――。

More
[PR]
by 13staydream | 2007-03-31 01:17 | 鹿島アントラーズ

もうすぐ開幕

いよいよ今週末、Jリーグ開幕。
近頃まったく触れてませんで、たまにはサッカー。
とはいえ、スカパーのサッカーパックやめてから
急速に興味が薄れているのだ。でも、鹿島は気になる。

さて、今年の鹿島はどうか。昨年も言ったが、
やはり新監督というのが不安材料。世界を
とった制したオリベイラ監督だが、その指導が
行き届くまでには時間がかかるのでは?

そして、先週の水戸とのプレシーズンマッチで
全治2カ月のケガを負った野沢不在。
不安材料はつきない。

昨シーズン好調だった川崎との開幕戦。
ここを勝って勢いがつけば・・・何とかなるか。
期待は田代のブレイクとヤナギの復活。

そして、10冠獲得なわけである。
[PR]
by 13staydream | 2007-02-27 23:42 | 鹿島アントラーズ

年末のぼやき。

年末である。

結局鹿島は負ける。

今年も無冠。

咽の調子が何だかおかしい。

今年2度目の風邪の予感。

昨日は車がパンク。

人生5度目。ボカン。

こたつは嫌い。

だから、ないのさ。ミカン。


今年もいろいろあったけど、

年末ますますいいことないけど、

まぁ、それはそれでよい。
[PR]
by 13staydream | 2006-12-29 23:07 | 鹿島アントラーズ

天皇杯

清水を相手に逆転勝利。後半から2点差を逆転、
これからの鹿島FWの軸になるであろう田代、
中盤の軸である本山、そして途中出場の柳沢。
役者が揃ってのゴールだ。準決勝は浦和。
観にいきたいが、休みとチケットがとれるか心配だ。

そして、本田が引退を発表。戦力通告の報は残念だったが、
結局は他のユニホームを着ている姿がうかばないと引退。
また1人鹿島の顔が姿を消すことになる。秋田や相馬のとき
も寂しい気がしたが、今回さらに名良橋もチームをさる。
栄光を知るものがいなくなる前にこの天皇杯はとりたいものだ。

本田引退のはなむけに柳沢、本山の奮起に期待。


Excite エキサイト : スポーツニュース


そして、本日の有馬記念。
ディープインパクト有利は動かないだろう。気になっているのは
ドリームパスポート。結局、2番人気になってしまうのか・・・。
[PR]
by 13staydream | 2006-12-24 09:42 | 鹿島アントラーズ

英国競馬、キングジョージで昨年の有馬記念の覇者ハーツクライは3着に終わった。
さて、ディープインパクトはどうなるか。

そして鹿島は最下位セレッソを相手に2-0で勝利。
内容だけを見れば完勝とも言えるが、先制点は後半43分。
前節同様、またもフェルナンドのゴール。同点を狙ったセレッソの裏を着いた
アレックス・ミネイロがロスタイムに駄目押しのゴール。ともに後半から
出場の本山のアシストが光った。

前半から内容はよかったのだ。いや、W杯後の試合は結構よい。
しかし、点が入らない。とにかく打てども打てども、ボールはバーやポストを
たたきネットをゆらさない。もはやゴールは時間の問題と思いつつも
時間は過ぎていく。

勝利の予感はすれど、引き分けを覚悟したときのゴールでの勝利であった。
清水同様、相性の悪さがあっただけに、まずはほっと一息。


b0049421_1162678.jpg







写真は間違って横向きで撮ってしまった。観客は14,000人ちょっとと
W杯明けであり、チームも好調であることを考えると少し残念な数字である。

Excite エキサイト : スポーツニュース
 
                                              (つづく)
[PR]
by 13staydream | 2006-07-30 01:16 | 鹿島アントラーズ

新潟 0-1 鹿島

W杯も終わり、Jリーグも再開して3試合目を迎えることを
ご存知だろうか。今朝は横浜Mの中沢が代表引退のニュースが
報じられる。特ダネの小倉さんはクラブをやめて、代表は続けたら?などと
勘違い極まりないコメントなどをしていた。

基本はクラブあっての代表なのだ。日本では代表ばかりが
とりざたされてしまっているが、もっとJリーグにも目をむけるべきだろう。
それは野球にも言えるし、モータースポーツにも言える。
まだまだ実力が伴わないというのもあるのだろうが、
近頃はますますスポーツの扱いが粗末になっているような気がする。


さて、鹿島はフェルナンドのフリーキックで連勝。
新外国人ファビオ・サントスも加入し、やや上昇気流。
ブラジル代表監督もドゥンガに決まり、噂されていたアウトゥオリが
ぬける心配はなくなって一息。新監督でいきなりタイトルは
正直厳しいのだ。今年は好位置をキープし、あわよくばとも思うが、
照準は来年でよいとも思う。

でも、勝つとうれしいものである。

Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by 13staydream | 2006-07-26 22:25 | 鹿島アントラーズ

アルゼンチン

充実した試合内容。強いぞアルゼンチン。
前回大会ほど、絶対的な強さを言われていないだけに
ほどよいプレッシャーの中、試合に臨んでいると思われる。

タレントは当然ながら豊富である。

やはりメッシはすごい。

果たしてこのチームをとめられる国はあるのだろうか。
強国はこの後、徐々にペースアップはしてくるのだろう。


それと、NHKの実況だが、言いにくそうだった。

「アルジェンチンが・・・」
[PR]
by 13staydream | 2006-06-16 23:58 | 鹿島アントラーズ

決戦を終えて

というわけで、悲嘆にくれた決戦であった。
期待の柳沢も不発・・・。無念。

とはいえ、観戦はとても盛り上がったのだ。
思いのほか大勢いて驚きつつ、観戦場所を確保。
ひたすらレーベンブロイを飲みつづけながら一喜一憂。
やたらに酔って、なぜか夜が明けるまで騒ぐ。疲れた。

本日は重度の二日酔いで1日をつぶす。
夕方になってようやく動き出し、久しぶりにサウナで汗など流してしまった。


まぁ、ジーコ采配には結果的に不満であったが、
すべては結果である。仮に勝っていたら、ジーコの自由采配万歳などと
言われ、新しい時代の幕開けとなっていたことだろう。



つまり、過程はとても重要なんだけど、世間の評価はすべて結果だったりする。
なんとなく、虚しくもある。
[PR]
by 13staydream | 2006-06-13 21:51 | 鹿島アントラーズ
ドイツ 2-2 日本

今回の試合前、ジーコのコメントは「結果はどうでもよい」とあった。
強豪国、開催国であるドイツを相手に2得点は評価に値する。
1点目は柳沢⇒中村⇒中田スルー⇒柳沢⇒高原 ゴールは
ようやくチームとしての形がみえてきた結果。よい流れであった。
2点目は高原のFWとしての個人技、これは今までの日本には見られない
ゴールへの強い意志を感じた。これもよい。

で、課題は失点だ。結果は確かに必要はない。
しかし、2点のリードを守れないというのは本番に向けては厳しい。
時間はまだある。失点シーンもセットプレーからのみだ。

加地のケガが心配だが、駒野は代役としては十分すぎる活躍。
久しぶりの代表試合だった大黒もよかった。点をとれるとなおよかった。
そして、中盤・福西はこのチームに必要な選手であることを印象付けた。

点こそ決められなかったが、柳沢もケガの影響はもうないようだ。
ゴールはオーストラリア戦までとっておこう。


不安は引き続き残るが、期待も強まる試合だった。


Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by 13staydream | 2006-05-31 07:09 | 鹿島アントラーズ