猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー

<   2004年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

大晦日

いつもと変わらぬ1日が終わる。

たまたま1年の最後の日。
間もなく新しい年が始まる。

いつもと同じように寝て、いつもと同じように目が覚めることだろう。
[PR]
by 13staydream | 2004-12-31 23:59 | 戯言

銀の塔

銀の塔

シチュー専門店。
[PR]
by 13staydream | 2004-12-28 12:38

LA BISBOCCIA

LA BISBOCCIA

イタリア料理。
[PR]
by 13staydream | 2004-12-28 01:15
やはり早大には勝てなかった。

結果だけを見ると圧倒された感じである。
まぁ、ここまで来ただけでよしとするか。
他に準決勝にコマをすすめたのは関東学院、法政、同志社。
さて優勝するのはどこか。

有馬同様、そう簡単に奇跡は起きない。

この週末は学生時代の仲間に会った。
仲のよかった5人が揃ったのは実に久しぶり。
皆、元気で何よりだった。

当時、そんな仲間たちと競馬に行ったり、ラグビー観たり、いろいろしたもんだ。
ん、競馬は学生は馬券は買ってはいけないのです。ただ、観てただけ。
[PR]
by 13staydream | 2004-12-26 23:36

ゼンノロブロイ強し

天皇賞、ジャパンカップに続き、有馬記念もゼンノロブロイだった。
テイエムオペラオーに続く、史上2頭目となる快挙。

レースはタップダンスシチーが予想通りの逃げの展開から、
それに続くのがヒシミラクルとゼンノロブロイ。
あまりにもロブロイは前過ぎ、コスモバルク優位の展開ではと思わせたが、
結果はロブロイの貫禄勝ち。
タップがしっかり残って、やはり実力は確かだった。

私の応援するヒシミラクルは前半の見せ場だけで
4コーナーから一気に沈む。
結果はブービー。

2年連続の1番人気、そしてペリエ。
今年の自分自身を思わせる結果だったか。
夢はかなわず、ミラクルは起こらなかった。

来年は良い年であることを祈る。
[PR]
by 13staydream | 2004-12-26 22:45

枠順

1番人気になるであろうゼンノロブロイは最内
これは・・・!?

さて、いよいよ有馬記念。
何となくあれそう。
ヒシミラクルとはいったものの、やっぱり気が変わりそう。
デルタブルースか・・・。

近頃は胃が痛いことも多いが、
ここは一発、楽しい悩みで今年を終わろう。

昨年は出走1時間前にシンボリクリスエスの単勝に変えて、とったのです。
[PR]
by 13staydream | 2004-12-25 00:32

おでん屋

今日もおでん屋で飲みました。
少し人が多かったです。
[PR]
by 13staydream | 2004-12-24 02:14 | 戯言

退団

今シーズンも正月をむかえることなくオフに入った鹿島の退団選手が発表になった。

ファビオ・ジュニオールは元ブラジル代表FWとして期待されたが、
結局、ケガで結果残せず、
バロンも短期間での結果残せず、
来期の新外国人加入はあるのか。
とりあえずは現状を打破できる強力な補強を望む。
少なくともFW1人は欲しい。
6月には柳沢も帰ってくるのか・・・複雑。
結果を早く残してほしいものだ。

池内は安定していたように思うが、出場機会が少なかったか。
札幌は地元だったかな。
[PR]
by 13staydream | 2004-12-23 01:11 | 鹿島アントラーズ

ドライバーです。

左端の写真を変えてみました。
[PR]
by 13staydream | 2004-12-22 17:47 | 戯言

亡国のイージス

小説
これまた来夏の映画化が決定されたそうだ。
話題作として文庫本が店頭に並べられていて
たまたま手にとって読んだ作品。

まるで映画を見ているかのようなストーリーが見えてくる。
起承転結を明確にした印象が強いが、
見事にまとめられていた。

福井晴敏という作家の作品だ。
彼の最新作「終戦のローレライ」も来夏、公開される。
映画を作るために、書かれたローレライと
亡国のイージス」。
さて、どちらの映画が面白いか。

京極堂とあわせて愛読書が続々と映画化される不安と楽しみがある。
[PR]
by 13staydream | 2004-12-22 01:43