猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

タイトル決定

F1ブラジルGPで、ルノーのフェルナンド・アロンソが
史上最年少チャンピオンを獲得した。
結局は序盤の強さと、年間を通しての安定した速さが
スペイン人ドライバーの結果につながった。
まだまだチャンピオンの風格が漂わない気もするが、
新チャンピオン誕生は今後が楽しみといっておこう。


で、IRLもダン・ウェルドンがワトキンスグレンに出場しただけで、
チャンピオンを獲得。こちらもシリーズを通しての安定した速さ、
そしてINDY500も制すと参戦2年目の若いドライバーが
王座を獲得。IRLはそうそう、勝ち続けるのは簡単ではないが、
新スター誕生である。


一方、先週日本グランプリのあったMotoGP
王者バレンティーノ・ロッシが貫禄の5連覇。
もはや誰もこの男は止められない・・・。



モータースポーツシーズンもいよいよ終わりが見えてきた。









Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by 13staydream | 2005-09-26 11:54 | モータースポーツ

HOME

今朝、ラジオを聴いていると
The Corrsのニューアルバムがまもなく発売されるとDJが語りかける。

昨年、「ボロウド・ヘヴン」を発売したばかりだったので、これには驚き。

新作はアイリッシュ・カヴァーアルバムだとか。
タイトルは「HOME



洒落た気分で酒を飲むときにでも聴こうか。


b0049421_1191549.jpg
[PR]
by 13staydream | 2005-09-22 01:20 | 戯言

バリチェロの加入でにわかに現実味がましていた話が現実となった。
BARはバトンの残留を発表。
これを受けて、佐藤琢磨の来期BARのシート喪失が決定した。

チームとしては当然の選択であると思う。
不運もあったとはいえ、やはりバトンと比べるとあまりにも見劣りする結果。
経験値のあるバリチェロの加入で、バトンが成長し、チームに優勝を導く。
TOYOTAが勝てるマシンを作ってきた今、Hondaとしても勝てるチーム作りに
傾倒したとも考えるが、事実は見えぬ。

とはいっても、琢磨がシートを失うのは残念なこと。
しかもHondaのエンジンで勝てる可能性のあるマシンに乗っていたのだ。
せめて表彰台の真ん中に立つ姿を見たかった。


いや、まだ残り3戦。
そう、鈴鹿でそのうっぷんを見せてほしいものだ。



しかし、来期の去就は気になる。




Excite エキサイト : スポーツニュース
[PR]
by 13staydream | 2005-09-22 01:01 | モータースポーツ

こっちも圧勝ダン!

今回の総選挙は小泉首相の送り込んだ
くのいち刺客が話題を呼んだ。

思い起こせば、IRLの今シーズンも紅一点で参戦した
ダニカ・パトリックが活躍。
今回のシカゴでもポール・ポジションを獲得。
アメリカでの視聴率も過去最高を記録している。

そんな中、今回のシカゴを制し、
ダン・ウェルドンが初のシリーズチャンピオンをほぼ獲得した。
15戦を消化して、今回のシカゴで6勝目。
まさに圧勝のシーズンだった。
いまやF1入りも囁かれるこの男、
思い起こせばキャリア初優勝は昨年のもてぎだった。



とはいっても、
相変わらず日本じゃマイナーなINDYですが、
これで少しは話題になるかね。
[PR]
by 13staydream | 2005-09-12 05:22 | モータースポーツ

キミはあきらめない。

もちろん、選挙に行ってきたのです。
いつもの退屈な休みを過ごす。
テレビでは自民党が歴史的圧勝の報道。
「日本をあきらめない。」といった
民主・岡田代表は辞任を表明。


で、おなじみスパウエザーだったベルギーGPは
キミ・ライコネンが何とかアロンソのチャンピオン決定を阻止。
ライコネンはまだあきらめていない。
しかし、モントーヤのチェッカー間際のリタイアといい、
ついていない人はついていない。
もちろん、琢磨もついていない。
いよいよ来シーズンのシートが・・・。



そんな中、鹿島は川崎Fに惜敗
首位G大阪に勝ち点差4をつけられる始末。むぅ。
[PR]
by 13staydream | 2005-09-12 04:20 | モータースポーツ

三五十五

ぼんやりとテレビをつけて、
なんとなく観ていたのは世界柔道。
あいかわらずフジテレビのスポーツはうまくつくっていると思いつつ、
最後まで観てしまう。内柴は残念だった。

柔道といえば、やはり小林まことの「柔道部物語」だろう。
あまり知っている人はいないだろうなぁ。
「ざす!さい!さっ!」って挨拶が懐かしい。

b0049421_292814.jpg











で、明日は選挙です。
ちなみに琢磨の予選結果は・・・
[PR]
by 13staydream | 2005-09-11 02:13 | 戯言

ガムの悲劇

私はタバコを吸わない。

だからというわけではないがガムを好んで噛む。
何となく口が寂しいのである。

ある日、ぶらりと外に出ながらいつものようにガムを買う。
そのときは板ガムだった。

そのガムはシャツの胸ポケットにおかれる。
外を歩いていたりして、ゴミ箱が近くになかったりして、
噛んだガムは紙に包んでその胸ポケットに戻したりする。

当然のマナーで、路上に吐き捨てたりはしないのである。


悲劇は家に帰ってきてから起こる。
おそらく酔っていたのかもしれない。

そのシャツはガムを胸ポケットから出ることなく、
洗濯機で眠る。

いつしか、洗濯機が回る。

そして・・・




ガムはシャツやらパンツやらタオルやらにこびりつく。
ガムを包んだ紙は小さくちぎられ、まとわりつく。


嗚呼・・・・・・・・・・・・
[PR]
by 13staydream | 2005-09-05 22:56 | 戯言