猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

~探偵の物語 後編

この男、この前だって1度独りで帰ってきたと思ったら、また出て
女を連れて帰ってくる。その少し後に再びその女を泊めていた。
しかも、もう1人の女を抱えながらのご帰宅だ。変人である。

ここ数年、こうして監視をし続けているが、とにかく次々とやってくる
女が変わる。2~3年前はほぼ同じ連中ではあったが、やはり女ばかり。
近頃は女が1人で泊まっていくことも珍しくない。それだって3人、いや
4人はいる……。場合によっては女2人連れである。

確かにこの男の監視は必要である気がする。こいつはいつか犯罪者になる。
家の中での出来事まで調査を依頼されていないが、十分に性的変質者の
可能性を秘めているのではなかろうか……。



そして、今私の目の前を通り過ぎていくのは、てっきり別れたのかと
思っていたアイツだ。

More
[PR]
by 13staydream | 2007-06-28 01:36 | 物語
――数週間前。

mmは軽く晩飯を終えて、いつものトーテムポールを後にしていた。
家に戻り、シャワーを浴びて、ベッドに入って本を読みはじめる。
めずらしく携帯メールに着信。すると、トーテムポールから

[戻ってこない?面白いことになっている]

と。一体どんな面白いことが?少し面倒だったが、
翌日もそれほど早くなかったので出向くことに。

そういうのが得てして、よい結果を生むことはない。
おそらくこの日のてんびん座の運勢も悪かったに違いない。

自転車を店の前につける。
「うわぁ、本当に来た!」
「なんだとぉ?」
カウンターには先ほどまではバーにいたバイトのR嬢が座っている。
ついでに彼女の目も座っていた。できあがっている。
「mmさ~ん!今夜、民宿mmに泊めてくださ~い」
「はぁ?」

最悪である。ついさっきまで店にいたとはいえ、ほとんどmmは酒が
抜けている。そして、面白いこととは、バイトを終えたR嬢がただ
酔っ払っているだけのことだったのだ。

「えぇ、じゃあ私は代行で帰ればいいんですかぁ?」
「帰ればいいだろ」

嫌がるmmをよそに何やかやで、結局R嬢はmm邸に泊まることに。
それにしても、mmだって一応“男”であるはずだが、何でこうも
気軽に……。いつか間違いがあっても知らんぞ。

そして、mmはこのとき決意した――。
[PR]
by 13staydream | 2007-06-22 20:25 | 物語

[今夜泊まってもいい?]
男は車から降りると携帯を片手にメールを見ていた。


またか…。私はその男を少し離れたところから監視をしている。
そう、私は探偵を生業としている。ただこの依頼がちょいと
変わっている。この男の浮気調査などを調べるわけではなく、
ただ素行調査。それも周りの人の評判などの聞き込み不要。
ただ動きを見ていればよいというものなのである。

それにしても、この男は一体何者なのか…。犯罪者なのかもしれない。

おそらく、あのメールを見る限り今夜も誰かが泊まりにくる。
帰ってきた男は、すぐさま独りで家を出ていく。どうやら、
毎晩のことだが飲みにでも行くのだろう。

まもなく24時というころ、男は独りで帰ってきた。メールの女と
一緒ではなかったようだ。これで今日の仕事は終わりかと期待したが、
仕方がない。私はそのまま監視を続けた。

すると、その30分後――。
[PR]
by 13staydream | 2007-06-18 14:19 | 物語

暫定だけど・・・

鹿島3位 浮上。

鹿島 5-1 広島

相性いまいちの広島に大勝。
本山が、岩政が――。

もうすぐ、ヤナギも帰ってくる。

次のホーム名古屋戦、また観に行こうかな。
[PR]
by 13staydream | 2007-06-17 00:31 | 鹿島アントラーズ

やっぱり引きこもり

急に暑くなった。

今年の目標、“遊ぶ”は比較的達成しつつ過ごしている。

この暑さで外に出るのが嫌になる?


夜――。ここ数年、エアコンをできるだけ拒否する傾向にある。
でもって登場してきたのが、隣の部屋で眠っていた扇風機。

窓を開ける――。

扇風機を回す――。

そのまま、うとうと・・・・・・うとうと・・・・・・眠りにつく・・・・・・。

気がつくと・・・・・・
[PR]
by 13staydream | 2007-06-14 23:08 | 戯言
紅一点・・・・・・ウォッカ。

女馬としては64年ぶりの優勝。私もそれほど競馬を知っているわけでない
が、牝馬がダービーに挑戦すること自体無謀である。出ればオークスを
制覇することなど簡単だったのだろう。それでも、牝馬だけの前哨戦、
桜花賞では圧倒的人気ながら敗れるわけであり、このダービーの3番人気
も期待先行型と私はみていた。

ところが、その勝ちっぷりは圧巻。

男馬はどいつもこいつもついていけない。フサイチホウオーはスタート前
から入れ込んで、見せ場なく場群に沈む。私がいた場外馬券場ではゴール
後、会場から自然と拍手が沸き起こっていた。あまりにもドラマチックで
はないか。ウォッカが勝てばすごいことになるだろうとは、皆思っていた
に違いない。それが実現することを、しかもここまで圧勝とは――。
INDY500をダニカ・パトリックが圧勝するようなもんか。あってほしいが、
現実はそうそう甘くないと誰もが思っていることを成し遂げてしまった。

More
[PR]
by 13staydream | 2007-06-03 23:53 | 戯言
上野を出て、1度電車を乗り換える。ほどなく目的地に到着した私は
どこか懐かしさをそこで思う。先ほどまでいた国立博物館よりも人が
はるかに多く、ますます私の不機嫌度は増すばかり。しかし、そこは
こらえる。ふと、10年前のある出来事を思い出す。さらに今以上に人
だかりで身動きの取れない私は近くにいた女性にエルボーをくらわし
ていた。もはや興奮状態に近い。そして、その時はいよいよ近づく。



8470頭の頂点を決めるべく第74回日本ダービーは幕をきった。
すでに承知の通り、私は1番人気フサイチホウオーから流す。ダービー
はとにかく1番人気が絡む固いレースであることはデータが示している。
相手も皐月賞を制したヴィクトリーでよい。フロックと思われても
結構、皐月賞馬が絡んでくるのである。

More
[PR]
by 13staydream | 2007-06-01 00:57 | 戯言