猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

前項の補足

さらに追加でオファーが届きましたことをご報告いたします。

More
[PR]
by 13staydream | 2007-12-29 14:12 | 戯言

重大発表

拝啓
師走の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

さて、本来であれば記者会見を開いてのご報告をさせていただく
べきではありますが、年の瀬の忙しい中のため書面にてご報告
させていただくことをお詫び申し上げます。

すでにお聞きおよびの方もいらっしゃるかと思いますが、
mmは、かねてから某事務所を通じてオファーをいただいておりました

More
[PR]
by 13staydream | 2007-12-27 00:27 | 戯言

有馬記念・・・

久しぶりに休日をのんべんだらりと過ごしている。

夜は花火を観に行こうかと思っているのだが、
あきらかに気分が乗ってこない。
足に根がはっている・・・・・・。
そう、引きこもり症候群発症。
このまま、しばらく休みたい――。

さて、朝からダラダラとテレビをつけながら、
寝たり起きたり。

でもって今日は有馬記念。
人気投票1位はウォッカ。
今年の有馬は結局、ダラダラで馬券も買わずにテレビ観戦。
恒例だったmm派忘年会もこの時期だったが、結婚やら彼女が
できたやらで、あっさり忘れ去られたイベントとなった。

で、馬券を買わない楽な気持ちでの有馬予想。
ウォッカに勝ってほしいが、秋の流れを見る限りはやはり厳しいか。
ディープインパクトのような確実性はどの馬にもない。
とはいえ、やはりメイショウサムソンかな。

そして、冬場に牝馬が走ることはないとないはずだが、
あるとしたらウォッカよりもダイワスカーレット。
というわけで、
◎メイショウサムソン
○ダイワスカーレット
△ポップロック
×ウォッカ

昨日の天皇杯準々決勝も辛勝ではあったが、とりあえずは勝利。
気になるのは柳沢の去就。鹿島の13はヤナギしかいない。
残ってほしいが・・・
まずは元旦にむけて。

そして、今年はいつになく年末年始が忙しくなりそうだ。
[PR]
by 13staydream | 2007-12-23 14:42 | 競馬

くちづけ

今年ももう終わる。

そういえば私の今年の目標は「遊ぶ」だった。

具体的には月に1度は自分で何かするか見るなりする。

細かくは覚えていないが、比較的達成できたように思う。

ここには記載しなかったが、初めて歌舞伎を観に行ったりもした。

そして、12月9日(日)。

その日の夜、私は久しぶりに“くちづけ”に酔った。

なんだか、泣きそうになる。

暗闇の中に、紫色の灯り。

目を瞑る。


再び、私は目を開く。

More
[PR]
by 13staydream | 2007-12-18 00:38 | 戯言

笠間マラソン


三度、10kmを走る。

参加表明は結構前だったのだが、予想以上に事前練習できず。

そして、今回のコースはかなりのアップダウンとの前情報。

2月に走ったときのタイムを超える自信なし。

できれば、1時間切れればよいとの弱気目標を設定。

いざ走る。

スタートして、すぐに見たことある人が前に2人。

なんと会社の先輩。いやぁ、驚く。

軽く会話を交わし、男性先輩についていこうかと試みるも断念。

女性の先輩を引き離し、自分のペースをまもる。

More
[PR]
by 13staydream | 2007-12-18 00:27 | 戯言
鹿島   3-0 清水

横浜FC 1-0 浦和


ついに10冠達成。浦和が引き分け以下でなければ
ならない条件の中、他会場の経過は一切知らされる
ことなく清水戦は進んだ。
小笠原のPKによる先制点。シーズン途中から鹿島に
復帰した男はチームに闘争心と安定感をもたらした。
そして、本山の追加点。背番号「10」は得意のドリブル
だけでなく、今シーズンはチームのために守備での
貢献も光った。
鹿島の黄金世代を代表する2人のゴールがもたらした
10冠。いくつものタイトルを目の前にしてきた中、
5年間も遠ざかったタイトルを今度は自分たちが軸となり
勝ち取った。

すでにベテランと呼ぶべき彼らに、岩政、内田、田代ら
レギュラーに定着した若手らが融合。彼らにとっても
このタイトルが今後の自信につながることだろう。

そして、ベテラン、若手をうまく使いこなしたオリヴェイラ・
オズワルド監督。就任1年目で見事タイトルを手中にした。
ゲームが終了すると一番に両手をひろげてピッチを
かけぬける姿が印象的だった。その起用法などは
いつしかオズの魔法とよばれ、選手たちの信頼も厚く
なっていった。選手個々の力はまだ浦和やG大阪には
劣るのかもしれない。しかし、勝利するのは個人の力ではない
ということを思い知らされた。

2005年は首位独走から最後の大失速。今回はまさに
その逆をやってのけた。

私は、そのときカシマスタジアムで感動にひたった――。



いやぁ、よかった。
[PR]
by 13staydream | 2007-12-02 14:36 | 鹿島アントラーズ