猫背でもサルはサル。


by 13staydream
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ナツコはなぜか朝が強い。多少酒を飲んでも、翌日早起きの必要が
あれば、ちゃんと早起きできる。寝坊をしたことは一度もない。
昨夜は何時まで飲んでいたのだろうか。外で軽く食事をして、
2人で帰って来てから家で飲み始めた。2時ぐらいまでは何となく
覚えているが、いつのまにか寝てしまった。

まだ若いせいか、あれだけ飲んだのに二日酔いもない。

カエル兄は気持ちよさそうに寝ている。
このまま寝かせて出て行こう。また今夜会えるし。

布団から抜け出そうとすると、カエル兄さんがムニャムニャと・・・

「まゆみぃ~」

誰?真由美?ほかの女?

*       *

カエル兄は、今確かに夢を見ていた。
前の彼女のことを呼んだ。そう、真由美だ。真由美の名前を呼んだ
自らの声で目が覚めた。確かに、真由美って言ったよな、俺・・・。
ナツコは起きているのか・・・。

意識がまだはっきりしない。朦朧としている。どうする・・・まずいぞ・・・


――ときに人間は知らぬ間に、驚くべき力を発揮するときがある。
そして、このときカエル兄はここぞの火事場の馬鹿力を出したのだ。

More
[PR]
by 13staydream | 2008-10-22 22:35 | 戯言

またしても、日本代表がふがいない試合をしている。
是が非でも勝たなくてはいけない試合に引き分け。
どこかチームとして迫力に欠ける・・・

そんなわけで、サッカーはおいておき、楽しみは野球。

岡田監督が辞意を固めたようだ。
阪神タイガースの活躍に期待しつつ、私はジャイアンツファンである。


  *              *

私の友人の話である。
以前にもこのブログでも登場しているカエルおじさんの話。

今から20年ぐらい前の話になるのかも。
つまり、カエルおじさんがカエルのお兄さんだった頃のことだ。

人はピンチに陥ったとき、とてつもない力を発揮することがある。
いわゆる「火事場のクソ力」とでもいうのだろうか。

カエル兄さんは、当時結構もてていたらしい。
長年つきあっていた女性と別れを迎えても、新しい彼女が
できるまでにそれほど時間はかからなかった。

新しい彼女の名前は知らないが、仮に「ナツコ」としておく。

 

More
[PR]
by 13staydream | 2008-10-16 21:56 | 戯言

スローダウン



清原和博の引退試合から2日がたった。

近頃、思うことは口に出すことは結構大切だったりする。
つらい事、嫌な事も口に出していると、意外に簡単に誰かが
その解決方法を教えてくれたりして、一人で悩んでいるより
よほど効果的だ。

そして、好きな事に関しても同様だ。

1月ほど前のことだ。前々から紹介したい自分つがいると私の上司。
見合い相手ではない。あくまでも仕事上でのつながりである。

その人物は左嵜というミュージシャン。

結果的に一緒に仕事をすることになるのだが、その後、
清原引退試合の2日後にとあるライブに招待された。
そこは彼のライブではなく、彼が日ごろ世話になっているという
左嵜をプロデュースしている笛吹利明というミュージシャンが
組むユニット「スローダウン」のライブだった。
相方は浜田良美。いずれも、いい歳をしたオジサンだ。

おそらく、このブログをご覧の方々はこの2人の名前を
ここに書いても何の反応も示さないだろうと思う。
だが、この2人私にとっては、あまりにも有名な人物である。

More
[PR]
by 13staydream | 2008-10-04 23:43 | 戯言